症状の説明をしっかり受けたい方におすすめ!東京・大塚にある菅谷眼科医院の歴史と魅力

比較的不調の少ない若いうちは「眼科のお世話になることはほとんどないと」いう人も多いかもしれません。しかし、一度不調になると日々の生活で大きな不便を感じるのが「目」です。視力が十分なら何を見ても楽しく感じられますし、行動範囲も広がります。
また、脳とつながっている目は脳神経系の病気とも深い関係があります。目の健康を意識することは身体全体の健康を維持することにもつながるのです。

東京都豊島区エリアで「できるだけ長く目の健康を保ち、快適な生活を送りたい」と考える人におすすめのクリニックが菅谷眼科医院です。JR山手線の「大塚駅」から徒歩1分の菅谷眼科医院は、100年以上の歴史を持つ地域密着型の眼科クリニック。
大きな特徴は「コミュニケーション」「患者さんの利便性」「地域への貢献」の3つです。

かかりつけ医を選ぶ基準は、患者さんの病気の有無や家族構成などの状況によっても異なるものの、次のようなポイントが挙げられます。
「近所にあって通いやすいか」「しっかり話を聞いてくれる相性のいいお医者さんがいるか」「他の医療機関への紹介も快く引き受けてくれる」「近所の評判がよい」といったことです。
かかりつけ医は、家の近くで見つけることをおすすめします。特に子どもやお年寄りがいる場合、通院のしやすさはとても重要です。

また、自分や家族の健康を診てもらうドクターは、しっかり話を聞いてくれて、自分と相性のいい人を選ぶことをおすすめします。菅谷眼科医院は、患者さんの状態を最後まで丁寧に聞き、納得するまで時間をかけて説明することを第一に心がけているクリニックなので安心です。

さらに、ドクターの中には他の病院への紹介を快く思わない人もいます。菅谷眼科医院では手術設備がないため、手術が必要な症状の患者さんは連携病院に紹介してくれます。都内には多くの大学病院があり、病院によって得意な手術は異なりますが、菅谷眼科医院は患者さんの症状に応じて適切な病院を紹介してくれるので信頼できるでしょう。

大病院は救急や重い症状の患者さんの治療を担うための医療機関、普段のちょっとした不調を診てくれるのは街のかかりつけ医と役割分担がされているため、大病院に初診でかかるときは基本的に診察料以外に別途費用がかかります。いきなり大病院にかかると余分なお金がかかるだけでなく、待ち時間が長い割に、十分に話を聞いてもらえないケースもあります。
その点、かかりつけ医に紹介状を書いてもらってから大きな病院に行けば初診の際の費用も余分にかかりませんし、診察を受ける上でもスムーズです。
ですから、かかりつけ医の存在は重要と言えるでしょう。

最後にチェックしたいポイントは、通っている人の評判です。長く続いている病院やクリニックは、地域に根ざしており、住民にとって必要な存在であることがわかります。
ただし、中には他に選択肢がないから通っている、という病院やクリニックもあるかもしれません。
そんなときは、まずは近所の人に評判を聞いてみることをおすすめします。特に、古くからその地域に住んでいる人やその地域でお店を経営している人など、その地域のことをよく知っている人に評判を聞いてみるとよいですね。引っ越して間もない人であれば、インターネットで口コミを見てみるのもおすすめです。

明治末期から大塚で開業する菅谷眼科医院は、地域の学校医を務めたり、地域健診にも積極的に参加しています。
地域で信頼され、愛されてきた歴史があるクリニックです。

CONTENTS